トップページ事業案内 › 工場建設サポート事業

工場建設サポート事業

エンジニアリング視点で工場建設を支援

工場建設の段階から、適格なソリューションを提供。特に、周辺環境へのリスク対策には自信があります。
品質追求と効率化、コスト抑制は、工場が目指すべき基本的なテーマです。さらに現在では、新たな生産拠点を開設する場合に、垂直立ち上げに代表されるように、ハイスピード化も要求されています。当社では、工場が直面しているこうした課題に対して、工場建設の段階からさまざまなサポートを提供。エンジニアリングの視点から、理想的な工場運営を可能とするためのソリューションをご提案しています。特に、「騒音・震動対策」「土壌汚染対策」など、土地に関わる課題に対して、中村建設株式会社と共同で専門サービスを開発。ご安心いただける確かなサービスを提供しています。

騒音・震動対策

当社は、中村建設株式会社と共同で、工場の周辺環境対策を事業化。「震動・騒音対策」や「土壌汚染浄化」などの問題に対し、業務提携を通じ両社の所有する技術を活用して、調査・改善計画および設計、対策までトータル的なサービスをご提供できる体制を整えました。

1.騒音・震動源の調査
機械などから発生する騒音・震動を調査します。調査レポートで的確に報告いたします。
2.施策フロー図
機械などから発生する騒音・震動を調査します。調査レポートで的確に報告いたします。
1.騒音の対策検討
周波数特性から効果的な対策を立案します。
天井・壁の吸音 壁の遮音 防音壁 結果予測
↓
2.震動の対策検討
固有振動数から効果的な施策を立案します。
天井・壁の吸音 壁の遮音 床補強・振動遮断など 結果予測
3.施工
対策検討から、施工性・経済性・効果予測を考慮して工法をご提案します。
4.効果の確認
工事完了後、対策の効果の検証(周波数特性・固有振動数調査)を行います。

騒音・震動対策

土壌汚染対策法では、土地所有者に対しての責任追及が基本となります。また汚染の原因者が明確な場合は法で定められた命令に費やした費用を請求できる、となっていますが所有者に対しての追及は避けられないため、リスク対策としての対応が必要となっています。

土壌汚染対策法 概要
 第3条 有害物質使用特定施設の使用の廃止時の調査
使用が禁止された(水質汚濁防止法の)有害物質使用特定施設に関わる工場または事業の敷地であった土地の所有者は、土壌汚染の状況を廃止から120日以内に指定調査機関に調査させ、結果を都道府県知事に報告しなければならない。
 
第4条 健康被害に対しての調査命令
土壌汚染により健康被害が生ずる恐れがあると認められるとき、都道府県知事は土地所有者に対し調査を命じることが出来る。
 
第7条 汚染の除去等の措置命令
特定地域のうち、健康被害が生ずる恐れがあると認められる場合は、都道府県知事は土地所有者に対し、汚染の除去・拡散の防止等の措置を命じることができる。
ページのトップへ戻る
事業案内
フルサポート事業
プレス・板金機械事業
中古機械販売事業
トルンプ・レーザー加工機械事業
グルンドフォスポンプ事業
マルチプラス射出成型機事業
海外生産拠点支援事業
工場建設サポート事業
合理化提案事業
環境関連機器事業
  • マシンプラザOKSG展示場
  • 海外進出支援サービス
  • 中古機械工房
  • 採用情報