海外生産拠点支援事業:PT.OKS INDONESIA

インドネシアのプレス機械メンテナンスに欠かせない存在

会社理念

PT.OKS Indonesiaは2005年にインドネシア国に設立されました。 母体である日本の太田義尾機械工業、タイのENSHIN INDUSTRY、そしてインドネシアのPT.OKS、ベトナムのOKSV。太田義尾機械工業グループとしてアジアを中心に販売、メンテナンスのネットワークを構築。お客様へのご提供するサービスを「もっと身近に」、「もっと安心に」、と感じて頂けるようにサポート体制を構築していきます。



打てば響く。PT.OKSはプレス機械のプロ集団です。
母体となる日本の「太田義尾機械工業株式会社」は長年、東海地区を中心にプレスの販売、修理を独自の技術で展開しており、そのノウハウを海外に展開しているオピニオンカンパニーです。バックボーンは充実そのもの。コマツ、アイダ、アマダ、ワシノ他、メーカー問わず幅広くメンテナンス対応をしております。スタッフが常駐しておりますので、突然の故障にも迅速に対応。日本のプレス点検基準である「プレス特定自主検査」の定期点検をそのまま実施するため、お客様の生産体制を強力にサポート致します。
OKSは「人こそ財産」と考えています。
OKSはインドネシア人スタッフの教育にも力を入れています。日本人スタッフはもとより、現地の技術スタッフが在籍し、その技術水準のレベルアップのため、定期的にスタッフを日本へ派遣。お客様へ提案する技術を常に向上させるよう努めています。
中古プレスを展示、販売。プレスを知るOKSの整備付です。
日本から高品質の中古プレスを仕入れ、販売しています。長年培ったノウハウを活かして点検・整備。お客様へお納めします。これこそOKSの独自技術を活かしたサービスであり、低コストで高水準の製品を提供できます。もちろんご希望のプレス機械もすぐにお探し致します。お気軽にお問合せ下さい。

会社概要

社名 PT.OKS Indonesia
本社住所 Jl. Kamper No.1 Delta Silicon 1 Industrial Estate Desa Sukaresmi Kec.
Cikarang Selatan Bekasi 17550
TEL (021)8990-2012/13
FAX (021)8990-2014
設立 2005年1月
資本金 US$245,000
代表者 太田達也
事業内容 ・プレス機器、周辺機器の販売
・プレス機器のメンテナンス
・プレス機器の定期点検
・中古機械の販売

拡大表示

ページのトップへ戻る